桜の名所「国分寺町・天平の丘公園(尼寺跡)」
 下野国分尼寺跡(しもつけこくぶんにじあと)は、天平の丘公園内に 有るかのような場所にあります。(実際は公園内なのでしょうか?)

 下野国分尼寺跡地内には、昭和60年3月に、岐阜県根尾村から淡墨桜(うすずみざくら)の 実生苗(みしょうなえ)を20本譲り受けて、現在の場所に移植されたそうです。
 昭和60年4月15日に開花したそうで、これが大発明だと言う事です。

 淡墨桜の特徴は、淡白色に開花して、満開を過ぎると、うすずみをかけたように変る桜です。
実に綺麗な花を咲かせますので、是非一度、ご覧になってみて下さい。
2002年 4月 1日(月)の写真

(今回で、最終となります。)

 一本を残し、ほぼ全ての淡墨桜が、葉桜状態になりました。
次に訪れる時には、残りの一本も、花びらがあまり残ってないと思いますので、 今回で写真撮影を終了いたします。

※ 必ず来年も、綺麗な花を咲かせてくれることでしょう!!
2002年 3月29日(金)の写真  この頃の雨で低温になっている影響か?前回とあまりかわって いないようにみえます。
前回、あと一週間位?と書きましたが、今回も同じように、あと一週間位もつでしょうか?!?

 先咲きの淡墨桜は、完全に葉っぱだけの状態になっています。
2002年 3月27日(水)の写真  遅れて咲き始めた淡墨桜も、徐々に散り始めました。
あと一週間もつかどうか?非常に微妙なところでしょうか?!?

 先咲きの淡墨桜は、葉桜状態になっていました。
来年もまた、綺麗な花を咲かせてくれますよう、期待致しましょう。
2002年 3月25日(月)の写真  遅れて咲いてきた淡墨桜が満開です。
こちらの方で、あと少しの間は楽しめそうですね!?

 先咲きの桜は、葉桜状態になってきました。 非常に残念!!
2002年 3月22日(金)の写真  淡墨桜に葉っぱが目立つようになりました。
葉桜になってしまうのも、あとわずかでしょうか?
 とても残念な気がしますが、ある意味、ちょっと変った風情を感じる事が出来るかも!?
2002年 3月20日(水)の写真  淡墨桜が本当に満開となっております。
いつ頃まで淡墨桜の花が見られるか、目が離せない状況です!!
2002年 3月18日(月)の写真  訪れたこの日は、すでに淡墨桜は満開に近い状況でした。
これからが、本格的なお花見になるかと思います?