N E W S
2002年 4月 7日発行

◎富士写真フイルムよりデジタルカメラ「FinePix S602」を発表。

 富士写真フイルムは4月4日、「スーパーCCDハニカムIII」の搭載により、静止画撮影と 動画撮影の性能を飛躍的に向上させるとともに、動画の性能においては、光学6倍ズームレンズ 「スプレンディッシュ」を搭載し、デジタルビデオカメラに匹敵するVGA(640×480ピクセル) 毎秒30フレームのフルフレーム動画撮影が可能となり、ハイスピードツインAFで快速撮影が できる、ハイエンドデジタルカメラ「FinePix S602S」を発表した。




○フジフイルム デジタルカメラ「FinePix S602」
発売予定日:2002年 4月22日
メーカー希望小売価格:\125,000(税別)


 有効画素数が310万画素ながら、最大2832×2128ピクセルと603万画素相当の画像が撮影でき、 オートフォーカス(AF)性能の強化により、高感度時でもノイズが少ないクリアな画質を実現し、 1280×960ピクセル時にはISO 1600相当の「キャンドルショット」を設定できる。

 レンズ端から1センチまで接写できるマクロ機能、1/10000秒の高速シャッター、 最高解像度でも約0.2秒間隔で最大5コマまで可能な連写機能などを備えた。
フォーカスポイントを選べるエリア選択AF機能も搭載する。

 ファインダー部は0.44型LCDを内蔵し、一眼レフ的な撮影ができる。
スマートメディアとマイクロドライブに対応するスロットをそれぞれ装備しており、 本体デザインはL字型を採用してホールド性を高めている。


富士写真フイルムの 「ニュースリリース」へリンク




「Close」ボタンをクリックしても閉じない場合は、
タイトルバーの「×」ボタンをクリックして閉じて下さい。

αIT いかんbeとちぎ推進委員会 webmaster@alphait.co.jp