N E W S
2002年 7月11日発行

◎ソニー・業界初のDVD-R/RW搭載ノート、バイオノートGR
 「PCG-GRX91G/P」を発表。



 ソニーは7月11日、ハイスペックA4ノート「バイオノートGR」の最上位モデル 「PCG-GRX91G/P」を発表した。
ノートPCとしては業界初となるDVD-R/RWドライブを搭載し、モバイルPentium 4-M/2GHzを採用するなど、 フラッグシップモデルにふさわしいスペックとなっている。 価格はオープンだが、実売予想価格は45万円前後の見込み。
Web販売限定のソニースタイルオリジナルモデルで、店頭販売は行わない。
発売は10月上旬の予定。

 新製品の最大の特徴は、DVD-R/RWドライブを搭載したことで、 DVカメラをIEEE1394経由で接続してオリジナルDVDを作成したり、HDDに記録したTV番組をDVDに保存するといった、 これまでデスクトップPCでしかできなかったことが、ノートPCでも可能になった。


 DVD書き込みは-R、-RWともに最大1倍速で、CD-R/RWメディアへの書き込みもサポートしており、 CD-Rが最大16倍速、CD-RWが最大10倍速に対応し、読み出しはDVD-ROMが最大8倍速、CD-ROM/CD-Rが最大24倍速となる。
バッファアンダーラン防止機能付き。
「DVD it! For VAIO」「Simple DVD Maker」といったライティングソフトを同梱している。

 フラッグシップモデルのPCG-GRX91G/Pは、その心臓部も大幅に強化している。
先日発表されたIntelの新プロセッサPentium 4-M/2GHzを搭載し、HDDは60Gバイトの大容量タイプを採用。
そのほかグラフィックアクセラレータにはATI TechnologiesのMOBILITY RADEON7500(VRAM:32Mバイト)、 メモリには高速データ転送を可能にするDDR SDRAMを採用するなど、 デスクトップPC並みのスペックをノートPCに詰め込んだモデルとなっている。
 春モデルから採用した16.1型の大画面液晶ディスプレイを引き続き搭載し、 高解像度UXGA(1600×1200ピクセル)の広視野角液晶パネルは、作業効率アップと見易さを両立している。


 アプリケーションは、3次元CG作成ソフト「LightWave 3D express for VAIO」のほか、 クリエイティブな楽しみを追求できるソフト(Premiere LEとPhotoshop Elements、DigiOn Sound)が搭載されている。
OSにはWindows XP Professionalを採用した。


製品名PCG-GRX91G/P
CPUモバイルPentium 4-M/2GHz
チップセット845MP
メモリ512MバイトDDR SDRAM(最大512Mバイト)
HDD60Gバイト
グラフィックMOBILITY RADEON 7500
ドライブDVD-R/RWドライブ
液晶ディスプレイ16.1型UXGA(1600×1200/約1677万色表示)
MPEG2ハードウェアエンコーダMPEG2 R-Engine
インタフェースUSB×3、IEEE 1394×1、10/100BASE-TX、56Kbpsモデム、TypeII×2、マジックゲート対応メモリースティックスロット×1、D-Sub15ピン、ヘッドフォン出力、マイク入力、AV出力
バッテリ駆動時間約2〜3時間(バッテリ×1)
OSWindows XP Professional
サイズ355(幅)×292(奥行き)×39.8〜44.4(高さ)ミリ
重さ約3.8キロ(バッテリー×1、DVD-R/RWドライブ装着時)
実売予想価格45万円前後
発売10月上旬

ソニースタイルの「ホームページ」へリンク
及び、ソニーの「VAIOホームページ」へリンク





「Close」ボタンをクリックしても閉じない場合は、
タイトルバーの「×」ボタンをクリックして閉じて下さい。

αIT いかんbeとちぎ推進委員会 webmaster@alphait.co.jp