N E W S
2002年 8月 1日発行

◎東芝は毎分5400回転の60Gバイト2.5型HDDを開発。

 東芝は7月31日、厚さ9.5ミリで60Gバイトの大容量と毎分5400回転の高速回転を両立させた業界初の2.5型HDD 「MK6022GAX」を9月から量産すると発表した。




 高速データ転送に対応したHDDコントローラを採用、製品構造/サーボ制御方式を最適化することで、毎分5400回転を実現した。
従来製品に比べ、最大転送速度を約25%、平均ランダムアクセス時間を約8%向上したとしている。
平均シーク時間は12ミリ秒。

 また流体軸受モータを採用。アイドル時に平均26デシベルに静音化したほか、非動作時に最大800Gの耐衝撃性を備える。
 Ultra ATA/100に対応。16Mバイトのバッファメモリを搭載する。

主な仕様

東芝の「プレスリリース」へリンク




「Close」ボタンをクリックしても閉じない場合は、
タイトルバーの「×」ボタンをクリックして閉じて下さい。

αIT いかんbeとちぎ推進委員会 webmaster@alphait.co.jp